美容脱毛と医療脱毛って何が違うの?

    こんにちは!TDCクリニック(東京脱毛クリニック)名古屋店のスタッフです!

    都内のコロナウィルスの感染者が500人を超え、これからはインフルエンザも流行り始める時期ですが、いかがお過ごしでしょうか??
    私たち、名古屋のTDCスタッフもマスクやしっかりとアルコール除菌を行い、感染症対策万全にしてお客様をお迎えしています。いらっしゃる方も安心してお越しくださいね。

    本日は最初のカウンセリングでよく相談されるこの内容、美容脱毛と医療脱毛の違いについてお話しますね


    美容脱毛

    美容脱毛はフラッシュ脱毛や光脱毛と呼ばれ、エステサロンや脱毛専用のサロンで行っています。このフラッシュ脱毛は体に害のない可視光線と呼ばれる光を使うお手入れ方法です。
    何度もライトを照射することで毛の根元、毛根にダメージを与えることで弱らせ、毛を生えにくくする仕組みです。

    医療脱毛

    医療脱毛はレーザー脱毛と呼ばれ、クリニックなどのきちんと審査を通った医療機関で看護師や医師がいる状態でのみ行うことができます。
    医療機関でしか利用できない強力なレーザーを照射することで毛根内の毛を作り出す組織にアプローチしていきます。
    そのためフラッシュ脱毛よりも高い効果を感じることができ、半永久的な脱毛方法とも言われています。


    ではそれぞれの違いが簡単にわかったところでそれぞれのメリット・デメリットを紹介します。

    効果の違い

    美容脱毛でも永久的に毛が生えてこない!と広告で見かけたことがある方も多いと思いますが、厳密に言うと「生えにくくなる」という言葉が適切です。
    先程もお伝えしたとおり美容脱毛は毛根にダメージを与える方法です。

    そのため、生えにくくすることはできますが、毛を生み出す組織は変わらず活動するということになり、完全に生えてこない状態にするのは難しいと言えます。
    その反面、医療脱毛では毛根内の毛を作り出す組織を壊すことが出来るので永久的に毛が生えてこなくなるのです。

    せっかく高いお金をだして、時間をかけて脱毛サロンに通うのであればずっとツルツルの美しい肌を保ちたいですよね。

    回数の違い

    美容脱毛では光を照射するので、回数が多く必要になってきます。そのため予約が取りづらいというのもたくさんのお客様が何回も通わなくてはいけないためです。
    回数でいうと10回以上必要になってきます。

    医療脱毛では4〜6回程度と言われています。
    脇やVIOなどの毛の濃い場所は回数が必要になってきますが、段々と回数を重ねることで毛が薄くなってきたと実感ができたり、自己処理の回数が減ってくることが実感できると思います。


    いかがでしたでしょうか?

    脱毛サロンに通うならばきちんとした情報を確認して、悩みや不安なく通うことをおすすめします!
    もちろん、名古屋店だけでなく、渋谷や恵比寿、表参道店でも私達TDCフタッフが全力でサポートさせていただきます!

    東京脱毛クリニック 名古屋店スタッフ

    関連記事

    1. 顔脱毛の効果や特徴まとめ

    2. 医療脱毛では剃り残しOK?正しい自己処理のやり方

    3. 【脱毛サロンと医療脱毛クリニックの違いを知りたい!】

    4. 脇脱毛の〇〇が心配!

    5. 脇脱毛の効果とは?

    6. ツルツルお肌を目指して