VIO脱毛前の自己処理のやり方

    VIO脱毛前の自己処理の方法とは?

    VIO脱毛前には基本的に自己処理が必要になります。ただ、そのやり方がわからないという方も少なくありません。腕や足のムダ毛の自己処理と同じような方法でやっていると怪我をしてしまって、当日に脱毛施術を断られてしまうような可能性もあります。VIO脱毛前の自己処理の方法には気を使っていきましょう。

    カミソリは避けたほうがいいのですが、もしどうしてもカミソリを使うのであれば敏感肌用のものやデリケートゾーンにも使えるような優しいものを選ぶようにしてください。カミソリ以外であれば電気シェーバーがおすすめです。自己処理前に肌を温めて、自己処理後の保湿ケアなどもおこなっていきましょう。

    VIO脱毛前の自己処理はどこまですればいい?

    VIO脱毛前の自己処理をどこまですればいいのかも悩ましいところです。基本的に残すにしても最初は全体に照射していくことになりますので、どこまでというよりもVIOはすべて処理してしまってOKです。ただ、自己処理にも限界がありますので、シェービングに対応しているクリニックやサロンがおすすめです。

    ちなみに、どこまですればいいのかわからないからとワックスのようなやり方で一気に処理してしまおうと考えている方もいるかもしれませんが、それは絶対にやめてください。ワックスでの処理は肌への負担がすさまじいものになりますし、何よりもせっかくの脱毛施術の意味がなくなってしまいます。

    関連記事

    1. ツルツルお肌を目指して

    2. 医療脱毛で考えられるトラブルやリスク

      医療脱毛で考えられるトラブルや副作用のリスク

    3. 医療脱毛では剃り残しOK?正しい自己処理のやり方

    4. 【脱毛の痛みがキニナル!】

    5. うなじ脱毛!2つのポイント!

    6. 全身医療脱毛のメリットとデメリット