医療脱毛では剃り残しOK?正しい自己処理のやり方

    脱毛の施術前には、正しい毛の自己処理を行う必要があります。毛が伸びたままや、剃り残しがある状態で施術を受けると、トラブルやリスクの原因にもつながります。場合によっては施術をお断りするクリニックやサロンもあります。脱毛をする際は、必ず自己処理を済ませておくようにしましょう。

    自己処理が必要なワケ

    自己処理が必要な理由は大きく二つあります。
    一つ目の理由は、ヤケドのリスクを回避するためです。脱毛は、色の濃い部分(メラニン組織)に反応するレーザーを照射し、ライトの熱によって毛根を刺激します。そのため剃り残しがあると、伸びた毛に熱エネルギーが集中し、レーザーが過剰に反応してしまう可能性があります。
    またレーザーが伸びた毛に反応することによって、毛根までしっかり届かず脱毛効果が下がってしまいます。なので、脱毛前の自己処理はとても大事です。

    正しい自己処理を行おう

    では、脱毛効果を得るために必要な自己処理のやり方についてご紹介します。
    まず、脱毛前の自己処理は電気シェーバーで行いましょう。電気シェーバーは肌の負担を最小限に抑え、表面のムダな毛のみを除去してくれます。カミソリを用いての剃毛は、摩擦を生じるだけでなく、角質までを削ぎ落としてしまうため、肌への負担が電気シェーバーに比べると大きいです。また毛根から引き抜くクリームやワックスを使用するのも控えましょう。
    毛の伸びるペースは人それぞれですが、目安として、自己処理は施術の1〜2日前に行うことを推奨しています。表面に出た毛が短すぎたり、長すぎたりしてしまうと、脱毛効果が薄れてしまうので注意が必要です。また肌が乾燥した状態で施術を受けると、痒み、赤み等の原因につながります。自己処理後はしっかり保湿を行い、肌へのダメージを軽減させてあげましょう。正しい自己処理のポイントを抑えることで、より高い効果を得られます。

    剃り残しがある場合

    とはいえ、背中やoラインなど手の届かない箇所を剃毛するのは難しいです。脱毛クリニックやサロンによっては、剃り残しの箇所を無料でシェービングしてもらえるサービスがあったり、剃り残し箇所を避けて照射する場合もあります。予約でいっぱいの場合、シェービングに掛かった時間分の施術時間が短くなるケースも。各クリニック、サロンにより対応は異なるので、事前に確認しておきましょう。またできる限りきれいに自己処理したい場合は、鏡を使ったり、家族にお願いしたりなど、無理せず正しいやり方で自己処理を行うよう注意が必要です。

    関連記事

    1. 【TDCクリニック(表参道院)でツルスベ肌を手に入れよう!】…

    2. 自粛中の脱毛

    3. 【必須!肌トラブルを防ぐための脱毛後の保湿とアフターケア】

    4. 生理中に医療脱毛は受けれる?

      生理中に医療脱毛は受けれる?

    5. 顔脱毛の効果や特徴まとめ

    6. 医療脱毛で使われるレーザーの種類を徹底解説!