医療脱毛で使われるレーザーの種類を徹底解説!

    医療脱毛で使われるレーザーの種類を徹底解説!

    医療脱毛には様々なレーザーの種類があります。レーザーの種類により効果や痛み等異なるので、医療脱毛を検討している方は、それぞれの特徴を抑えておくといいでしょう。

    オーダーメイド脱毛

    当クリニックでは米国の厚労省が認可したFDA認証機のみを使用しています。一人一人の肌質、毛質、肌色に合わせた機械を使うことにより、産毛などの薄い毛にまでしっかりと反応します。さらに痛み等のリスクを低くし、より大きな効果を感じることができます。

    一人一人に合わせた4種類の機械

    当クリニックが採用した「蓄熱式ダイオードレーザー」「ダイオードレーザー」「アレキサンドライトレーザー」「YAG(ヤグ)レーザー」のそれぞれの特徴について解説します。

    蓄熱式ダイオードレーザー

    従来の脱毛レーザーは痛みが伴い、産毛などの細かい毛にアプローチすることが難しい点悩まれていました。蓄熱式ダイオードレーザーは、低出力で短時間に連続的に照射することにより、熱が一点に集中せず痛みがほとんどありません。また産毛にも効果抜群の機械として知られています。

    ダイオードレーザー

    ダイオードレーザーは、蓄熱式ダイオードレーザーと異なり、高出力での照射が特徴です。メラニン色素だけに反応するレーザーで一点に集中して照射するため、照射漏れの可能性が低く、高い脱毛効果が期待できます。冷却しながら脱毛を行うため、ヤケドの心配もありません。

    アレキサンドライトレーザー

    アレキサンドライトレーザーは、他の医療レーザーに比べてメラニン色素への吸収に優れ、VIOなどの濃い毛にすばやくアプローチします。さらに、くすみやシミ、毛穴の引き締めなど、脱毛以外の効果も期待できます。肌色と毛の色の差が比較的大きい日本人に最も適したレーザーだと言われています。

    YAG(ヤグ)レーザー

    ヤグレーザーは、奥深くの組織にまでレーザーが行き届き、頑固な毛にも対応しています。通常日焼けした肌に照射をすることは、肌にダメージを与えてしまうため不可能とされています。しかし、ヤグレーザーは肌奥のメラニン色素にのみ反応するため、浅い部位で生じた日焼けやシミには反応せず、リスクを抑えた脱毛が実現できます。

    効率的な脱毛

    当クリニックでは、上記で紹介した4種類の脱毛レーザーを一人一人に合わせて使用します。毛の濃さや乾燥肌で悩んでいる方も多く見受けられますが、肌質、毛質問わず施術が受けられます。また普段からの保湿を心がけることで、より効果的な脱毛が期待できます。

    関連記事

    1. ツルツルお肌を目指して

    2. おすすめ部位−VIO脱毛とは?

    3. 【必須!肌トラブルを防ぐための脱毛後の保湿とアフターケア】

    4. 医療脱毛で考えられるトラブルやリスク

      医療脱毛で考えられるトラブルや副作用のリスク

    5. 脱毛レーザーの種類

    6. 顔脱毛の効果や特徴まとめ