医療脱毛で考えられるトラブルや副作用のリスク

    医療脱毛で考えられるトラブルやリスク

    安全に配慮して行われるどの医療脱毛でも、トラブルの可能性が0だと断言できません。クリニックでは医師免許を持った方の監督下、ベテラン看護師による施術を行いますが、万が一副作用や肌トラブルのリスクの可能性を考え、どう対処すべきか知っておくことが大切です。

    医療脱毛はサロンの脱毛よりもリスク大?

    クリニックで行われる医療脱毛は、サロンの脱毛よりも強いレーザーを使用するため、リスクがより高いと懸念されがちです。しかし、一概にもどちらの方がリスクが高いかという判断はできません。エネルギーの弱い照射のために起こる副作用もあったり、毛や肌の状態で起こり得るトラブルもございます。医療脱毛を考えている方は、一度医師に相談してみることをおすすめします。

    医療脱毛で考えられるリスク

    1、ヤケドや炎症

    強めのレーザーを使用する医療脱毛は、毛のメラニン色素に反応し、レーザーの熱により毛根を刺激します。しかし、皮膚の薄い部位やデリケートな部位はヤケドが起こることがあるため、ヒリヒリ感じる場合があります。少しの赤み等は施術後に起こる通常の反応で、数時間後には落ち着くことがほとんどです。しかし、症状が続く場合はクリニックに連絡するようにしましょう。

    2、硬毛化・多毛化

    硬毛化とは、脱毛を受けたことにより毛が太く濃く見えてしまうことで、多毛化とも呼ばれます。実は硬毛化の明確な原因はいまだに特定されず、可能性としてレーザーの熱量不足によるものだと言われています。硬毛化が起こる可能性は稀なケースではありますが副作用としてよく知られています。

    3、色素沈着

    脱毛後、摩擦や紫外線により色素沈着が残ってしまったという声を聞きます。外出時は日焼け止めを塗ったり、体を擦らず優しく洗ったりなど、肌への負担をなるべく与えないよう注意することが大切です。

    顔は他の部位に比べて皮膚が薄く骨が近いため、脱毛時に痛みを感じたという意見は珍しくありません。特に、鼻の下や額が比較的痛みを感じやすい部分として挙げられます。脱毛の痛みは輪ゴムで弾かれたような痛みと表現されることがありますが、脱毛の痛みの有無、度合いは個人差があります。

    リスクを軽減させるための対処法

    医療脱毛は安全であると言われているとはいえ、リスクが0という訳ではありません。医療脱毛を考えている方は、施術前のカウンセリングで医師からの説明を受け、不安な点は質問するようにしましょう。自分で判断をして対処しようとすると、かえって悪化してしまう可能性もあるので、万が一副作用やトラブル等が起きた場合は、クリニックに連絡をするようにしてください。クリニックでは、医師免許を持った医師の監修の元、トラブルや副作用への適切な対応を行います。

    関連記事

    1. 【脱毛サロンと医療脱毛クリニックの違いを知りたい!】

    2. ツルツルお肌を目指して

    3. 生理中に医療脱毛は受けれる?

      生理中に医療脱毛は受けれる?

    4. 全身医療脱毛のメリットとデメリット

    5. 自粛中の脱毛

    6. 脱毛レーザーの種類